Slider

プロの試合について

DEAD HEATルール

服 装:

男子は上半身裸体、女子は上着を着る。ムエタイトランクスやキックパンツを使用するがその他のものを着用する場合は事前に大会実行委員の了承を得たものを使用する。
金属、プラスチック、その他の硬いもの等、相手が負傷する恐れのある装飾は禁止。
マウスピース、ファールカップ、女子はアブスメントガードを着用する。
各クラス指定のグローブを付けて試合を行う。
パープラチアット、アンクルサポーターの着用可。

階 級:

規定の時間内に計量を行いリミットをクリアした者が試合出場できる。

試合形式:

ラウンド制(R)1R を 3 分間としラウンド間に1分間のインターバルをおく。
3 分 3R 又は 5R で行う。 また、負傷防止のためマウスピースとファウルカップを着用する。

拳の保護:

バンテージとテーピングのみを使用し必ずバンテージチェックを受けて試合用グローブを着用する。

その他:

肘、膝、足首を固める為のテーピングは禁止。
怪我の為に必要なテーピングは大会実行委員及びレフリー立ち会いのもと対戦相手の了承を得て使用可能とする。

有効技:

グローブ着用による両手、両肘、両脚、両膝を用いた直接打撃制試合の形式。

反則技:

◼ バッティング:頭で攻撃する。
◼ ローブロー:相手のベルトラインより下を攻撃する。本項において狭義には、主に下腹部(金的)への攻撃する。
◼ ラビットパンチ:相手の後頭部を攻撃する。 相手の背中側を攻撃する(キドニーブローとされる場合がある)。
◼ サミング:グローブの親指で相手の目を突く攻撃。
◼ オープンブロー:グローブの内側で打つ攻撃。 ◼ 投げ技で相手を投げる。
◼ 柔道の足払い、蹴たぐり。
◼ レフェリーがブレイクを命じた後に攻撃する。
◼ ラウンド終了のゴングが鳴った後に攻撃する。

勝 敗:

◼ KO(KnockOut):相手がダウン後の 10 カウント以内に立ち上がれなかった場合。
◼ TKO(Technical KnockOut):どちらかの選手が明らかに不利な場合や試合続行不可能な状態になって試合を止めた場合。
◼ レフェリーストップ:どちらかの選手のダメージが深いなど、これ以上試合を続行させると危険であるとレフェリーが判断した場合。記録上はTKO。
◼ ギブアップ:選手本人、もしくはセコンドがこれ以上試合を続けることができないと判断した場合。タオルを投げ込むのが通例。記録上はTKO
◼ 失格:相手が故意に重大な反則を犯した場合、もしくは反則を繰り返した場合。
◼ 判定:ラウンド毎に採点をしジャッヂ3名の採点により勝敗を決する。
◼ 負傷判定:試合の途中で偶然のバッティングにより負傷した場合、規定のラウンド(3R は2R 終了、
5R は3R 終了)に達していればそれまでの採点で勝敗を決する。達していない場合はノーコンテスト(無効試合)とし後日再戦をするものとする。
◼場外に落ちた場合は20カウント以内にリングに戻らないとリングアウト負け

男子階級とリミット

フライ級 50.80kg 以下
バンタム級 53.52kg 以下
フェザー級 57.15kg 以下
ライト級 61.23kg 以下
ウェルター級 66.68kg 以下
ミドル級 72.57kg 以下
ライトヘビー級 79.38 ㎏以下
クルーザー級 90.71 ㎏以下
ヘビー級 100kg 以下
スーパーヘビー級 100 ㎏以上

女子階級とリミット

アトム級 46.26kg 以下
ライトフライ級 48.99kg 以下
フライ級 50.80kg 以下
スーパーフライ級 52.16kg 以下
バンタム級 53.52kg 以下
スーパーバンタム級 55.34kg 以下
フェザー級 57.56kg 以下
スーパーフェザー級 58.96kg以下
ライト級 61.23kg 以下

試合グローブ

フェザー級以下は6オンスを使用し
ウェルター級以下は8オンスを使用し
ウェルター級を超えたウェイトで試合を行う場合は10オンスを使用する。