プロの試合について

9/23(日)DEADHEAT 対戦表

フェザー級
NKBフェザー級
岩田行央(大塚道場)
VS
▲ 判定 ▲
フェザー級
石川 翔(BIGMOOSE)

デビュー以来7戦7敗と負け続けた男!岩田行央 誰もがもう辞めよう辞めてくれ、と思いを抱いて迎えた8戦め岩田は開き直って勝負に出た、そして見事に1ラウンドKO勝利をものにした、会場は割れんばかりの興奮の坩堝と化した。
そんな感動的な試合をその後も何戦かするも岩田自身も30代後半になりこの辺でそろそろケジメをつけようと考えているみたいだ。
そんな岩田が最後に選んだ男 石川翔!岩田とは真逆のデビュー以来負け無しの4戦4勝!
将来のキック界を背負って立つ男だ!
さぁ、この試合は岩田行央が自ら望んでオファーした試合!
無敗の若者がこのまま突き進むのか?!泥臭い男がそれを阻むのか?!
岩田行央の生き様をとくと御覧あれ! 

契約61.23kg以下
ライト級
TAKUYA(K-crony)
VS
▲ 判定 ▲
スーパーフェザー級
KEIGO(FLAT-UP)

茨城の誇る無敗のホープTAKUYAの登場!前回の試合でも1年半の復帰戦ながら難敵の佐藤界聖を一蹴!向かうところ敵無しの若者だ!対するはベテランKEIGO、今まで勝ったり負けたりだったが、ここで無敗のホープに勝利し、キック界に名前を刻みたいと名乗りを挙げてきた、絶対に侮れない男、KEIGO!TAKUYAがこのまま連勝を突っ走るのか?!
KEIGOが秘策を披露して番狂わせを起こすのか?!
どちらにしても会場を揺るがすような試合を期待する!

契約56.00kg以下
フェザー級
孝則(総合格闘技TRIAL)
VS
× 判定 ●
スーパーバンタム級
加藤 和也(ドージョー☆シカリキ)

ドージョー☆シカリキ期待の新星 加藤和也!デビュー戦では格上のタイ人相手に会場を沸かすも惜しくも判定負け。今大会にて待望の白星を上げることができるのか?!(勝って加藤☆和也に改名か?)対するは総合格闘技をベースとするTRIAL孝則!
孝則も久しく勝ち星を上げていない。この試合でド派手な☆を上げるのはどちらだ?!

フェザー級
INNOVATIONフェザー級
大槻 涼太(DANGER)
VS
▲ 判定 ▲
フェザー級
齊藤鷹也(FLAT-UP)

井手本会長率いる日本で一番ヤバイジム、DANGERジムから大槻涼太が参戦!
大槻の試合はいつもヤバイ(ダイハード)、だがナゼか毎回勝ち星に恵まれない、、
最後の最後に不用意な1発を貰ってしまうのだ、、(自力はあるのだが)、、
対するは成田FLAT-UP齊藤鷹也!アマチュア上がりの勢いの有る選手だ!
齊藤が勢いでこのまま大槻を呑み込んでしまうのか?!ダイハード大槻が念願の初勝利をもぎとるのか?!どちらかが初勝利をした瞬間に会場は揺れること間違いない!

ヘビー級
SKKB ライトヘビー級チャンピオン
杉ちゃん(PAL-GYM)
VS
× 判定 ●
ヘビー級
石田 篤識(MONSTAR)

ヘビー級の名物男!杉ちゃんの登場!とにかくリングネームも杉ちゃんだけにパフォーマンスも試合も独特だ(乞う御期待!)対戦相手を探すのにも難儀する。そんななか対戦相手に手を挙げてくれた千葉県市川MONSTARジム石田篤識!なんと10戦めの杉ちゃんに対して今回がデビュー戦だ!圧倒的不利なアウェーな状況のなか名乗りを挙げた石田篤識、彼の男気がこのDEAD HEATの大会に刻まれるのは間違いない!《石田篤識》この男に刮目せよ!

フライ級
フライ級
TOMO(フリー)
VS
● 判定 x
WMC日本フライ級5位
田口尚文(Team S.R.K)

茨城を主戦場に戦いを繰り広げるTOMO!前回の試合では対戦相手を計算通りのクロスカウンターで1ラウンド秒殺で仕止めている登り調子の選手だ!対するは闘将 細貝代表率いる強豪選手を揃える栃木Team S.R.K 田口尚文!常日頃厳しい練習を重ねてきているが、今のところなかなか結果がついてこない。田口はこの試合で一皮むけたところをアピールできるのか?!登り調子のTOMO!爆発力を秘めている田口!この試合を制するのはどちらだ?!

契約66.68kg以下
ウェルター級
冨田 誠(PAL-GYM)
VS
× 判定 ●
スーパーライト級
パク チョンスン(team OJ)

東海村PAL-GYMから冨田 誠!水海道team OJからパク チョンスン!
共にしばらく振りの試合だが、この地元茨城で復活の狼煙を上げる試合を期待したい。
カウンターの冨田か?!怒涛の速攻パクか?!
熱い試合を征しDEAD HEAT第一回大会に名前を刻むのはどちらだ?!

フェザー級
フェザー級
小椋昇平(GRIT)
VS
● KO ×
フェザー級
裕亮(光ジム)

今大会もっともアウトサイドな漢(おとこ)日立GRITの小椋が登場!対するは名門光ジム九十九里の弾丸ボーイ裕亮!キックボクシングの試合なのだが、この試合とてもヤンチャなケンカになりそうな予感!二人ともド派手なケンカ見せてくれ!

契約52.16kg以下
スーパーフライ級
YUUTA(SHIROI DREAM BOX)
VS
× 判定 ●
フライ級
大空(CARENES)

若手有望ナンバーワンの現役高校生の大空(つばさ)が待望のデビュー!
筑西市期待の選手だ!CARENESの大和田会長(サッカー大ファン)は言う『大空、半端ないって!』、、アレ、そのフレーズどこかできいたような、、、
対戦相手は同じくデビュー戦のスピードスターYUUTA!
アマチュアで経験を重ねてきたこちらも期待のホープだ!
軽量級のスピード対決を制するのはどちらだ?!

DEAD HEATルール

服 装:

男子は上半身裸体、女子は上着を着る。ムエタイトランクスやキックパンツを使用するがその他のものを着用する場合は事前に大会実行委員の了承を得たものを使用する。
金属、プラスチック、その他の硬いもの等、相手が負傷する恐れのある装飾は禁止。
マウスピース、ファールカップ、女子はアブスメントガードを着用する。
各クラス指定のグローブを付けて試合を行う。
パープラチアット、アンクルサポーターの着用可。

階 級:

規定の時間内に計量を行いリミットをクリアした者が試合出場できる。

試合形式:

ラウンド制(R)1R を 3 分間としラウンド間に1分間のインターバルをおく。
3 分 3R 又は 5R で行う。 また、負傷防止のためマウスピースとファウルカップを着用する。

拳の保護:

バンテージとテーピングのみを使用し必ずバンテージチェックを受けて試合用グローブを着用する。

その他:

肘、膝、足首を固める為のテーピングは禁止。
怪我の為に必要なテーピングは大会実行委員及びレフリー立ち会いのもと対戦相手の了承を得て使用可能とする。

有効技:

グローブ着用による両手、両肘、両脚、両膝を用いた直接打撃制試合の形式。

反則技:

◼ バッティング:頭で攻撃する。
◼ ローブロー:相手のベルトラインより下を攻撃する。本項において狭義には、主に下腹部(金的)への攻撃する。
◼ ラビットパンチ:相手の後頭部を攻撃する。 相手の背中側を攻撃する(キドニーブローとされる場合がある)。
◼ サミング:グローブの親指で相手の目を突く攻撃。
◼ オープンブロー:グローブの内側で打つ攻撃。 ◼ 投げ技で相手を投げる。
◼ 柔道の足払い、蹴たぐり。
◼ レフェリーがブレイクを命じた後に攻撃する。
◼ ラウンド終了のゴングが鳴った後に攻撃する。

勝 敗:

◼ KO(KnockOut):相手がダウン後の 10 カウント以内に立ち上がれなかった場合。
◼ TKO(Technical KnockOut):どちらかの選手が明らかに不利な場合や試合続行不可能な状態になって試合を止めた場合。
◼ レフェリーストップ:どちらかの選手のダメージが深いなど、これ以上試合を続行させると危険であるとレフェリーが判断した場合。記録上はTKO。
◼ ギブアップ:選手本人、もしくはセコンドがこれ以上試合を続けることができないと判断した場合。タオルを投げ込むのが通例。記録上はTKO
◼ 失格:相手が故意に重大な反則を犯した場合、もしくは反則を繰り返した場合。
◼ 判定:ラウンド毎に採点をしジャッヂ3名の採点により勝敗を決する。
◼ 負傷判定:試合の途中で偶然のバッティングにより負傷した場合、規定のラウンド(3R は2R 終了、
5R は3R 終了)に達していればそれまでの採点で勝敗を決する。達していない場合はノーコンテスト(無効試合)とし後日再戦をするものとする。
◼場外に落ちた場合は20カウント以内にリングに戻らないとリングアウト負け

男子階級とリミット

フライ級 50.80kg 以下
バンタム級 53.52kg 以下
フェザー級 57.15kg 以下
ライト級 61.23kg 以下
ウェルター級 66.68kg 以下
ミドル級 72.57kg 以下
ライトヘビー級 79.38 ㎏以下
クルーザー級 90.71 ㎏以下
ヘビー級 100kg 以下
スーパーヘビー級 100 ㎏以上

女子階級とリミット

アトム級 46.26kg 以下
ライトフライ級 48.99kg 以下
フライ級 50.80kg 以下
スーパーフライ級 52.16kg 以下
バンタム級 53.52kg 以下
スーパーバンタム級 55.34kg 以下
フェザー級 57.56kg 以下
スーパーフェザー級 58.96kg以下
ライト級 61.23kg 以下

試合グローブ

フェザー級以下は6オンスを使用し
ウェルター級以下は8オンスを使用し
ウェルター級を超えたウェイトで試合を行う場合は10オンスを使用する。